妊娠線クリームはいらない。必要ないという考え方もOKです!

妊娠線クリーム いらない

”たまごクラブ”や”プレモ”など妊婦さん向けの雑誌でも紹介されることの多い妊娠線クリーム。

しかし「実際に妊娠線クリームは必要なの?」って疑問に思っている方も多いと思います。

もちろん妊娠線ができないにこしたことはありませんが、妊娠線クリームは1本3,000~5,000円と高いんですよね・・・(;^ω^)

そのため妊娠線クリームを使わなかった妊婦さんも多いです!むしろ必要ないって判断した人の方が多いと思います。

そこで妊娠線クリームはいらない!必要ない!という考え方について紹介していきます。

必要ないというのにも理由があります。それを把握した上で判断してもらえたらなって思います。

妊娠線クリームはいらない!その理由とは?

妊娠線予防において1番大切なのは急激な体重増加を防ぐことです◎

「急激な体重増加=皮膚が急に伸びる」ことが原因で、妊娠線ができます。そのため医師の体重指導にしたがうことが妊娠線予防において最も大事なんです。

そのため高価な妊娠線クリームはいらない!と判断することが出来ます。

 

ただし、保湿ケアはするようにしましょう(‘ω’)ノ

妊娠中は乾燥により肌の痒みに悩まされる人も少なくありません。これは妊婦さん特有の皮膚疾患です。そのため、いつも以上に保湿することは重要です。

妊娠線クリームはいらない!という人も、必ず保湿クリームは塗ってます。ニベア青缶などの安いものでも十分ケアできるので。

 

いらない理由②塗ってもできる人はできる!笑。

「妊娠線クリームを塗れば絶対に妊娠線はできません!」と言われれば、塗る人も増えるはずです。

しかし、現実はそんなに甘くありません!笑。

1本5千円の妊娠線クリームを塗っていても、残念ながら出来る人はできます。

妊娠線クリームを塗ってたのに妊娠線ができた( ;∀;)」という口コミも見かけますよね。。もちろんできない可能性を上げることはできますが、絶対ではないため妊娠線クリームは必要ないという判断になっているようです。

 

なぜ妊娠線クリームを塗るのが当たり前みたいになったのか?

そもそも何で「妊娠線クリームを塗った方がいい」みたいな風潮になったのでしょうか?

その理由は”保湿ケアの延長線”と”美容意識の高さ”にあります。

昔から妊娠中の保湿ケアは推奨されていました。そこへ近年の美容意識の高さがプラスされて、妊娠線を防ぎたい!という女性が増えた結果です。

どうせ保湿ケアするなら・・・

「皮膚の柔軟性を高める成分や、ターンオーバーをサポートする成分を配合した妊娠線クリームを塗りましょう」

っていう流れになったんです(;^ω^)

 

妊娠線クリームがいるかいらないかは自己判断!

妊娠線クリームを塗れば妊娠線ができる可能性は下がります◎

これは間違いありませんが、あくまで可能性のお話です。この辺が曖昧なので、おすすめする医師もいれば、否定する医師もいます。

 

結局は自己判断!さらに言えば結果論です。

 

⇒仮にあなたが妊娠線クリームを塗っていたとしましょう。

それで妊娠線ができてしまった場合に、「わざわざ高い妊娠線クリームを塗ったのにできたとか最悪。ふざけんなよ!」って考えますか?

もしネガティブに考えてしまうなら妊娠線クリームを使わない方がいいと思います(;^ω^)

 

⇒逆に妊娠線クリームを塗らなかったとしましょう。

それで妊娠線ができてしまった場合に「あぁ~妊娠線クリームを塗っておけばよかった・・・( ;∀;)」と考えますか?

もし塗らなかったことを後悔するなら妊娠線クリームを塗ることをおすすめします◎

 

このように結果に対して自分がどう思うかを想像してみると、自分にとって妊娠線クリームがいるのか?いらないのか?が見えてくるはずです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です