市販の妊娠線クリームvs専用の妊娠線クリーム!人気商品一覧!

市販の妊娠線クリームと専用の妊娠線クリーム

妊婦さんにとって「妊娠線予防にどの妊娠線クリームを選ぶのか?」はとても重要なポイントになりますね。

妊娠線クリームには”市販されているボディクリーム”と”妊娠線の専用クリーム”という2つの選択肢があります。

そこで”市販の妊娠線クリーム”と”専用の妊娠線クリーム”の人気商品をそれぞれ紹介しています。

この記事を見れば今ママ達に選ばれている妊娠線クリームのすべてが分かるはずです(‘ω’)ノ

市販の妊娠線クリーム6選!人気ランキングで紹介!

まずは市販されている妊娠線クリームをランキング形式で紹介していきますね◎

 

市販ランキング6位
エルバオーガニックス

市販の妊娠線クリーム⑥エルバオーガニックス

価格 : 6,156円(500g)

市販 : 赤ちゃん本舗

 

エルバオーガニックスのストレッチマーククリームには、肌に水分をチャージするオーガニックシア脂が配合されています。乾燥しやすい女性に嬉しい成分です。

100gあたり約1,200円でコスパ良好なのもポイント高いですね。オーガニックラベンダーの香りがとても癒される妊娠線クリームです。

栗ようこ

100%オーガニックではないのでご注意を!

 

市販ランキング5位
犬印モイスチャーミルク

市販の妊娠線クリーム⑤犬印モイスチャーミルク

価格 : 2,052円(200g)

市販 : ドラッグストア、ドンキ

 

マタニティウエアのブランド”犬印”から発売されている妊娠線クリームです。

ヒアルロン酸やコラーゲン配合で保湿力のあるクリームです。ドラッグストアやドンキでも売ってるので買いやすいということもあり、これを選ぶプレママさんもいるようです。

栗ようこ

成分一覧が公表されていない点が微妙ですね。妊娠中というデリケートな時期に使うには不安が残ります(;^ω^)

 

市販ランキング4位
ピジョン ボディマッサージクリーム

市販の妊娠線クリーム④ピジョン

価格 : 2,808円(250g)

市販 : 赤ちゃん本舗、ドラッグストアなど

 

ベビー用品の老舗ブランド「ピジョン」から発売されている妊娠線クリームです。

赤ちゃん本舗で買えるという点もあり、使われる妊婦さんも多いようですね。肌の柔軟性を高める成分はもちろん、近年注目されている「葉酸」も配合されています。

クリームの色は白いので葉酸の量は少ないっぽいですが(;^ω^)

 

市販ランキング3位
ニベア青缶

市販の妊娠線クリーム③ニベア青缶

価格 : 400円前後(169g)

市販 : ドラッグストアなど

 

とにかく安いものでたっぷり塗りたいママに選ばれているのがニベア青缶です。

その保湿力と安さから妊娠線クリームとして使う妊婦さんは多く、実際にニベアで妊娠線ができなかった人も多いんです。高ければいいというわけでもないので、選択肢として悪くないはずです。

 

市販ランキング2位
ママ&キッズ ナチュラルマーククリーム

市販の妊娠線クリーム②ママ&キッズ

価格 : 7850円(470g)

市販 : 赤ちゃん本舗、東急ハンズ、ロフトなど。

 

ママ&キッズからマタニティラインとして「Mom Care」が登場。その中で妊娠線クリームとしてナチュラルマーククリームが発売されました。

たまひよの妊娠線クリーム1位を獲得し、ママ達から人気の高さが伺えます。

肌の弾力柔軟性をサポートする成分や、保湿成分をたっぷりと配合してあり妊娠線クリームとして高水準な商品になります。

栗ようこ

マタニティクリームをレポしてます(‘ω’)ノ

口コミで高評価のナチュラルマーククリームを買ってみた!

 

市販ランキング1位
forfamボディミルク

市販妊娠線クリーム①forfamボディミルク

価格 : 3,132円(300g)

市販 : PLAZA、ベビーザラス

 

forfamボディミルクは市販の妊娠線クリームで1番人気です◎

芸能人にも愛用者が多く、妊婦さんからも多くの支持を集めています。

妊娠線ケアに特化した商品ではありませんが、肌を柔らかくする成分も配合されていて保湿効果も優秀です。赤ちゃんにも使える安全性の高いクリームです。

栗ようこ

 

市販の妊娠線クリームでも効果はあるのか?

結論からお伝えすると、市販の妊娠線クリームでも効果はあります◎

妊娠線予防には「保湿」・「肌の柔軟性」・「急な体重増加」・「遺伝」の4つの項目があります。

遺伝はどうしようもないので無視します!笑。

急な体重増加は医師の指導があるので気を付けていれば大丈夫でしょう。

そのため、妊娠線クリームでケアできるのは「保湿」と「肌の柔軟性」の2つ です。

 

この点を踏まえると、市販の妊娠線クリームでも保湿はできます(‘ω’)ノ

 

なるほど~。じゃあ、市販のクリームで何割ぐらいが妊娠線を防げるの?

栗ようこ

市販の妊娠線クリームを使ってた妊婦さんの約4割は妊娠線を防げているんです!

 

「安いからダメ!」ということは全然ありません。むしろ安いことでケチらずたっぷり塗れるというメリットがります◎

あとは妊娠線ができなかった約4割に入ることを祈るのみです!笑。

 

市販妊娠線クリームには肌の柔軟性を高める効果はない!?

forfamやママ&キッズなど市販で人気のある商品の説明欄を見ると、「肌を柔らかくする成分を配合」など書いてあるんですが、ぶっちゃけ効果は期待できません(;^ω^)

これは配合量の問題があるからです・・・。

 

栗ようこ

市販の妊娠線クリームには配合されていても極少量だったりして、効果を期待できるほど配合されていないのが実情です( ;∀;)

 

そのため「できるだけ妊娠線ができる可能性を下げたい!」という妊婦さんは専用クリームを使うことをおすすめします。

 

専用の妊娠線クリーム4選!プレママに人気なのは?

続いて専用の妊娠線クリームを紹介していきます。

こちらは人気順にランキング形式で紹介しますね(‘ω’)ノ

 

専用妊娠線クリーム1位
ALOBABY ボディマーククリーム

単品 : 3,564円(200ml)

3セット : 8,553円

妊娠線クリームで今1番選ばれているのがALOBABY ボディマーククリーム!

ヒアルロン酸の10倍の保水力を持つ希少な成分サクランと、塗った直後から24時間保湿効果が持続するアクアキシルが配合され、保湿持続型のケアが可能(#^.^#)

さらに痒みや炎症を抑える抗炎症成分を7種類配合してあります。

妊娠中のデリケートな時期でも安心して使えるように、99%天然由来成分です◎

栗ようこ

こんなに至れり尽くせりな妊娠線クリームが、1本あたり約2,800円(3本セットの場合)とお財布にも優しい価格設定になってます(‘ω’)ノ

 

アロベビー公式サイトで詳細をチェック

 

レポしてます⇒アロベビー妊娠線クリームを買ってみた口コミ。伸び、香りはどう?

 

専用妊娠線クリーム2位
miteteマタニティクリーム

miteteマタニティクリーム

価格 : 3,024円(120g)

定期 : 3本セットで7,257円(360g分)

 

健康食品のエーエフシーが作った妊娠線クリームです。

アロベビーよりも昔からあり、長い間選ばれ続けている商品ですね◎

肌のめぐりを助ける「葉酸」がたっぷり配合されているのでクリームが黄緑色です。肌の柔軟性を高める成分など妊娠線予防に必要な成分がバランスよく配合されている印象を受けます。

 

miteteマタニティクリームが選ばれる理由は、単品でも買いやすい価格設定!

専用クリームは定期コースじゃないと高すぎるものが多い中、miteteは単品でも3,024円という安さでプレママさんに人気です(‘ω’)ノ3本セットなら1本あたり2,700円。

 

 

専用妊娠線クリーム3位
ベルタマザークリーム

ベルタマザークリーム

価格 : 6,980円(120g)

定期 : 初回500円 / 2回目以降4,980円

 

葉酸サプリで一躍人気になったブランド”BELTA”の妊娠線クリームになります。

葉酸サプリの流れでベルタマザークリームを選ぶ方も多く、「絶対に妊娠線を作りたくない」というプレママさんに圧倒的に人気です(#^.^#)

 

栗ようこ

単品で買う人はほぼいません!高いからです!笑。

ベルタマザークリームは基本的に定期コースで申し込みます。6回縛りとなっていて、妊娠5か月目から使用するとちょうど出産まで使える計算になっています。

 

専用妊娠線クリーム4位
NOCOR-ノコア

ノコア

価格 : 6,980円(150g)

定期 : 2本セットで12,960円(300g分)

 

NOCORボディクリームは妊娠線を消すクリームです。

すでに妊娠線があり、2回目以降の妊娠でさらに増えるのを防ぎながら今ある妊娠線を消したい人に人気があります。

もちろん初めての妊婦さんでも使う人がいますが、ぶっちゃけ高いので妊娠線がない人はアロベビーかmiteteをおすすめします(;^ω^)

 

専用の妊娠線クリームの効果はどうなの?

やっぱり専用の妊娠線クリームは市販のものに比べると高いです(;^ω^)

そのため買うからには妊娠線を防ぎたいに決まっています。

 

でも気になるのは・・・実際のところ何割ぐらいの確率で防げているのか?

 

栗ようこ

専用の妊娠線クリームを使っていた妊婦さんのうち妊娠線を防げたのは約7割です◎

*メーカーの集計を元に算出

 

 

妊娠線ができる確率は妊婦さん全体の60%と言われています( ゚Д゚)

その中でアロベビーやmiteteなど専用クリームを使ってた妊婦さんは妊娠線を防げる確率が高いんです◎

絶対ではありませんが、市販クリームを使ってた妊婦さんに比べると圧倒的に防げる確率が高いのは確かですね。

 

なぜ専用妊娠線クリームだと妊娠線を防げるのか?

市販の妊娠線クリームと決定的に違うのが、有効成分の種類と配合量です!

専用の妊娠線クリームは妊娠線予防ケアに特化しているため、肌の柔軟性や保水力を高める成分が多く配合されています。

さらに保湿効果の高い成分が贅沢に配合されているので、保湿効果だけ見ても市販クリームより優れています(#^.^#)

 

そのため市販クリームよりも専用の妊娠線クリームを塗っていた妊婦さんの方が妊娠線ができにくいんです◎

 

こんな人は専用の妊娠線クリームを使うべき!

妊娠線ができやすい女性がいます。

・小柄な女性

・やせ型の女性

・今まで太ったことがない女性

・出産経験のある女性

このような方は妊娠線ができやすいと言われているので、あなたが1つでも当てはまるなら専用の妊娠線クリームを使うことをおすすめします(‘ω’)ノ

 

他にも妊娠線クリームをまとめているので、良かったら読んでみてください(#^.^#)

↓ ↓ ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です